投稿

「線と言葉・楠本まきの仕事」展

イメージ
  この夏は10年ぶりくらいに京都に行きました・・・最後に行ったのは、何かの学会だったか研究会だったか。楽しいことではなかったのは確かです(^-^; 写真通り、 京都国際マンガミ ュージアム での、 「線と言葉・楠本まきの仕事」展 。 楠本まきさんは、初めて読んだのは学部一回生の頃だったか?すごく好きで、全作持っていたけど、いろいろあって今手元にあるのはマーガレットコミック版のKISSとT.V.eyeだけです・・・これも古本屋で買い直したけど、多分自分が売ったやつですw 多分2007年以降の作品は一切読んでなかったのですが、赤白つるばみは読みたいなあと思いました、まだ買えてないけど(^-^;もう全然、本とかマンガ買う習慣がなくなってしまったので・・・CD・DVDの類もですが。昔はいろいろ買ってたのになあ。 KISSを夢中で読んでた頃とは、何もかも変わってしまって別人になってしまってるので(^-^;、行ってみてどう感じるだろうと思ってたのですが。 やはり統合が出来てない気もしました。当時の自分と今の自分。そのままでいいのか、統合を目指した方が良いのか、答えが出ないまま、二年くらい宙ぶらりんですね・・・そう、二年くらい前から何となく統合しなきゃいけないような気はしているんです。そう思わされるいろいろなきっかけがあって。どうしたらいいんでしょうね・・・ 遠出はけっこう疲れましたが、ようやく京都なんかに行けるくらい体力が回復してきたようです。まあ毎週とかは絶対無理なんですが(^-^;

最近の食事

イメージ
ニュージーランド産のリンゴなんてのが普通のスーパーで売られているように。シールも可愛いですね。 無花果に蜂蜜をかけて。あまり美味しそうに撮れてない(^-^;リンゴバナナ以外の果物は高級品なのでたまにしか食べられませんね・・・ 結局五か月ぶりの更新(^-^;その間、またまたいろいろありましたね・・・ サプリメントの経費はかなり減らせた気もしますが。あと、食事量というかタンパク質量?もまた減りました。以前は朝に肉200g食べていたのが、今は100gです。野菜を一食当たり標準的な量(両手に一杯くらい。以前は片手に一掴みくらいだった。まあ、標準量というのもよく分かりませんが。食事制限を始める前、普通に暮らしていた頃に一食当たり使っていた野菜の量です)摂り始めたら、必然的に肉がそんなに食べられなくなっちゃった。時間があればゆっくり200g食べてもいいのですが、バタバタと食事するからそんなに食べられない。 あと、どうにも食べる必要性を感じなかった 海藻 を、やはり食べたほうがいいかなと思い始めていろいろ試した結果、 わかめ を小鉢一杯程度食べるようになりました。やはり難しい体質のようで(^-^;、昆布や寒天は少量でも何だか体調がおかしくなり、海苔も米を食べない食事だと取り入れ方が難しいよなーということで、わかめを水で戻してそのまま・・・というスタイルです(笑) 海藻を使うとやはりレシピがね。和食と米(というか穀物)食べないからすごく難しい。 諸外国でも食べないことはないのですが、中国大陸ではほぼ食材として認知されてない(笑。中薬としての認知はあるみたいですが)、台湾では一応食べるみたいですがそんなにメジャーじゃない?、そういや海産物の本場香港でも、実は海藻って食べないですね?!食材として売られてる、料理に使われてるの、見たことないような? 地中海・イギリス・南米の一部でも食されていますがやはり炭水化物と組み合わせるスタイル、て感じですね。ペーストにしてパンに塗ったり、フリッターに混ぜ込んだり。 韓国のわかめスープは唯一取り入れられそうだったのですが、それで汁物にしちゃうと他の具が入れられなくなっちゃうので・・・海藻とワンプレート、ワンボウルレシピってなかなか相性が難しいですね。めんどくさがりだから一皿で全て済ませたいタイプ(^-^; 何故海藻を食べようと思ったのかというと、もし

ビタミンB12

アイハーブ4/30注文分   ほぼいつもの買い足しですが、 ビタミンB12 だけ、 舌下錠 から カプセル に変えました、というか戻しました。 三年前の健康診断でMCVとMCHの数値が基準値よりわずかに高くなっていたことから、いろいろ調べた結果恐らくB12か葉酸不足による巨赤芽球性貧血というやつかなと思い、1500mcgのB12カプセルを摂り始めたところ、翌年の健康診断では数値が基準値内に収まりました。 その後どうせならと思い一年前、超高容量の10000mcgの舌下錠に変えたのですが、今年の健康診断でMCVとMCHの数値が再び基準値を超えていることが判明し、、、量増やしたのになんで?!(^-^; B12の吸収には胃で分泌される 因子 というやつが必要なのですが、舌下錠というのは胃に問題があってB12が吸収できない人向けのものなので(口腔粘膜から吸収する)、私の場合は胃には問題がなかったということでしょう・・・ ということで、再びカプセルに戻しました。ここ数か月何とも言えない不調があったのですが、もしかするとB12が底をつき始め、 メチレーション が回らなくなっていたのかもしれません。 もう新しいものを漁るのはしばらく止めて、初心に戻ったり見直したりする時期かなと思っています。

5-HTPを止めてみた

 サプリメントの見直しを地味に進めていますが(笑)、やはりカプセルや錠剤より粉末タイプがあればそちらを選んだほうが安いケースが多いのですな。 ギャバ と リジン と 冬虫夏草 はパウダーにすることにしました、かなり安くなる。 で、種類に関してもう減らすことはないかなと思っていましたが、一つ止めてみることにしました、 5-HTP 。 トリプトファン がどうにもしんどかったのでこちらを飲んでいたのですが。自分はセロトニンに関しては特に不足してないのかな?と常々思っていたのですが(笑)、やはり、どうしても止められないというものでもないような気がして。飲み始めて何か劇的に良いことがあった、というものばかり残ってきましたが、5-HTPに関しては、あれ?そういえば、どうかな?と(^-^; 血液の粘度を上げたり、肝臓に負担がかかるのは間違いないようなので、自分の体質に果たしてあっているのかどうか?と考えると、絶対にないと死んでしまうというほどのものではないなあと思い・・・ 二か月分で1500円程度のものでしたが、まあ止められるなら止めたほうがいい(笑) 止めてみて支障があるかどうか、しばらく観察ですが。 飲み始めるまでの経緯はいろいろあったのですが。 EAA を飲み始めたところ、どうにも気が滅入ることが増えてきた。あと、滅多に見つけることのなかった白髪が増えたり、髪の色が全体に赤っぽくなったような気がしていた。しかしEAA自体は身体が欲している感覚があったので、何かバランスを欠いているアミノ酸を補う必要があるのかなと思い調べていたら、恐らく長年 BCAA を飲んでいたことで 芳香族アミノ酸 が足りなくなっているのかな?ということに思い当たり・・・ 芳香族アミノ酸というのは トリプトファン と フェニルアラニン のことなのですが。通常鬱対策というとトリプトファンらしいのでとりあえず飲み始めたはいいが、目が腫れたりどうにも肝臓がやられているっぽい。で、より少ない量で効果が高いとされる、トリプトファンがセロトニンになるまでの中間代謝物である5-HTPに変えてみた。そしたら肝臓への負担は軽減されたようなので、そのまま続けていた。ということだったのですが。肝心の鬱にかんしては、実は、最大量摂ってみたところ史上最強に死にたくなってしまい(笑)、セロトニンって多すぎるとこうなるんですね、鎮静し

シベリア人参とNAC

アイハーブ4/23注文分   新しく試そうと思ったのは シベリア人参 と NAC でした。が・・・ NACは全然ダメでした、飲んでしばらくしたら胃部不快感と、カレーのようなげっぷ(笑)含硫アミノ酸はにおいキツイのありますね、、、以前病院で出された痰切り薬のカルボシステインで吐き気と下痢でひどい目にあったので、同じシステインだからもしかして・・・と思ってはいたのですが。グルタチオンは全然大丈夫だったのになあ。ほんと個人の体質によっていろいろありますね・・・でも飲んでみないと分からなかったのでこれも経験です。(^-^; で、シベリア人参は、飲んですぐ劇的な体感があったわけではなかったのですが、じわじわ良い感じです。ベータエンドルフィンの分泌を促したりするそうで、朝鮮人参よりリラックス効果が高いとかなんとか。確かにそんな感じ。あと、ホルモンバランスを整えるのにも良いみたいです。 今生理前期間なんですが、リモネンときのこのおかげか?いつもの胸脇苦満がかなりマシです、ほぼないくらい。ブロッコリースプラウトをサプリから生に変えたのもあるのかなあ。生の方が惜しげなくたっぷり摂れるので、これは食品のほうがサプリより優れているケースですね・・・ビタミンミネラルアミノ酸に関しては、サプリのほうが必要量が確実に摂取できるのですが、植物性の栄養素に関しては実は普通に食事で摂る量で十分なものもありますね・・・

ネットフリックスで今見てるドラマ

  ネットフリックス 契約してはや半年くらい?最初はスタンダードプランにしてましたが今月からベーシックにしました。実はいまだに自宅にWi-Fiがなくて、PCでしか見てないので、まあ画質は変わらないかなと・・・本当はテレビに映したいんですけどね。いろいろ準備するのがめんどくさくて(^-^; で、映画は休みの日に観たり観なかったり、ドラマも普通の日の夜に観たり観なかったりですが(^-^;、最近見てるドラマは 『ナルコス』 と 『フロイト』 です。 『ナルコス』 はようやくシーズン3に、、、英語字幕で見てるので集中してないと理解出来なくて(笑)、全然進みません(^-^;マーフィ役の俳優さん好きなんですけど( 『ローガン』 の敵役もやってたみたい)、シーズン3には出てこないのかな?シーズン3の主役、ペーニャ役の人もあちこちで見かける気がしますね。 『フロイト』 はようやく第一話見ただけなんですけど(^-^;、やっぱり予算がすごいのかな。見ごたえたっぷり。元言語はもちろんドイツ語ですが、音声イギリス英語、字幕イギリス英語CCで見てます。ネットフリックスは字幕言語の選択肢があるのがいいですね。CATVだと字幕日本語しかないから勉強にはならないので(^-^; まあフロイトなんて懐かしーなーと思いながら見ていますが(笑)精神分析に関しては一時期がっぷり組んだ・・・とはとてもじゃないけど言えませんが、かなり関心を持っていろいろなものを読み漁っていたので、懐かしいというか、当時の出口の見えない辛さがまだ痛い気もするというか・・・ちょっと最近そういう時期なんですかね。かつていた世界、捨ててきたと思っていた世界を、落ち着いて見直してみたいというか。それに関連して読みたい本もいろいろ出てきてます。本も全然読まなくなってたんですけどね(^-^; 本に関しては次回書こうと思います。

サプリメントの見直し

 サプリメントをガバガバ飲む生活ももう慣れましたが(笑)、ちょっと大幅に見直ししたいなとも思っているところです。 まあ大幅にと言っても、絶対必要なものがほとんどなので、オプション的なものとか、飲む前と後でそれほど何も変わってないな?と思うものとか、本当に必要なのか?見極めて整理していきたいです。 沢山飲んできた中で、良いとされてても個人的には?だったものも沢山ありました。 ナイアシン とか コエンザイムQ10 とか アルファリポ酸 とか・・・ ナイアシン はもうとにかく体質に合わないみたいで、Bコンプレックスに入ってる量で十分です。 コエンザイムQ10 とかは、もっと年齢が上がったら必要になるのかもしれません、今は飲んでも何も体感がなかった。 パントテン酸 とかも、まーなくてもいいな(笑)という感じでしたね・・・ ビオチン と吸収を競合するらしいのですが、個人的にはビオチンのほうが必要でした。 で、今止めてもいいかなと思ってるのが、 ブロッコリースプラウト ですね(^-^;ずっと飲んでたんですけど、ふと気になって調べてみたら、なんと、普通にブロッコリースプラウトを一日当たり一つまみも食べれば、今サプリで摂ってる量の二倍の スルフォラファン が摂取できるらしく、、、何だってー!!でしたが(^-^;けっこう割高で一か月2500円はかかっていたし、これはもう今ある分が無くなったら止めます。(笑) あとは同じ商品でも、いつの間にか大容量でお得なものが出ていたりするので、そのへん定期的なチェックも必要ですね。あと形態の違い(カプセルと粉末とか)でかなり割安になるものとか。 これから新たに試したいものもあります。今考えているのは NAC と シベリア人参 かな・・・ NAC は、 グルタチオン も飲んでるのですがやはり肝は気になるので万全に備えたいなと。 シベリア人参 は、 朝鮮人参 を止めてこっちにシフトしようかなと。朝鮮人参よりアダプトゲンとしての作用が強いらしいので・・・最近心身ともにストレスが限界で(^-^; 試してみてダメなものも沢山ありますが、それも経験です(笑)